歯を大事に。スポーツマンも歯が命。

4月18日は、よい歯の日でございます。
418(ヨイハ)の日で語呂合わせですね!

さて、みなさん良い歯にしてますか?

歯が悪いと色々問題がおきます。

それは、歯が痛いとか
口臭が悪くなるだったり
直接的な物もありますが、少々分かりにくい、間接的な影響も与えます。

スポーツをする上で歯は、とても大事。
歯が悪い、噛み合わせが悪いと、
自分が持ってる最大の運動能力が引き出せません。

よく歯を食いしばるといいますが、
逆に食いしばらないと力が発揮できないんです。

歯を噛み締めると、
頸椎の配列が揃います。

噛み合わせが悪く、うまく噛み締めることができないと、頸椎が歪んで
肩こりや頭痛などを引き起こしてしまいます。
また、顎や頭の位置が不安定だと、
頭頸部の筋肉が異常に緊張してしまい、バランスが悪くなってしまいます。

三叉神経にも影響を与えます。
三叉神経は、運動神経が多く通っており噛み合わせが悪いと運動神経に悪影響をおよぼし、感覚が鈍ってしまいます。また、うまく口が閉じれないと口呼吸になってしまい、酸素がうまく取り込めません。
酸素は運動をするに当たって非常に重要です。
酸素が取り込めないと最大の運動能力が発揮できません。

マウスピース

マウスピースって使ってますか?
昔格闘技専門ショップで買ったものなんですが
こんなやつです。

湯煎式型取りマウスピース

筋トレをする際に歯を食いしばると奥歯が削れるという話を聞いたのと、かみ合わせを良くして(運動能力向上で)いつも以上にハードなトレーニングが出来ればな!という思いもあり、買いました。

お湯で温めるとふにゃふにゃになるのでそのままはめるとと自分の歯の型に合わせることができます。大きいようであればハサミを使って整えてください。なかなか良いですよ。

こんなのがあるんですね!かっこよすぎ!かっくいー♪

宣伝文句:
通常よりも12%早く走れる。
通常と比べ25%もの乳酸がカットされます。

これは興味深い。
余裕できたら買ってみようかな~!
つけるだけでちょっとモチベーション上がりそうです。

もっと完璧なものがほしいという方には……

歯科医で型取りをしてタイプのマウスピースがおすすめです。

実際に型取りをしてくれる近くの歯科医院を検索できますので、よかったらどうぞ♪
アンダーアーマー商品説明ページ

乳酸は貯めたほうがいいんじゃないの?

筋トレでは乳酸をためたほうがいいといいます。

しかしランニングの場合は、逆です。
筋トレは無酸素。

ランニングは有酸素なので、まったく逆のスポーツです。

ランニングの場合は疲労感の元である乳酸をためにくくして、
疲労をできる限り抑えて長い距離を走りましょう。
乳酸の元である糖質ではなく、脂質を燃焼しやすい状態に持っていくほうがおすすめです。
その状態に持っていく方法は次の通り。

LSDとは?

LSDとはロングスローディスタンスの頭文字です。麻薬の類いではありませんよ!汗

長い、ゆっくり、距離。

ですね。
つまり、長い距離をゆっくりと。

ランニングを始めるときにやってしまいがちなのが、結構スピードを出してすぐにバテて、走るのを諦めてしまう。
それだとしんどいし、脂質を燃焼することができません。

脂質、つまり脂肪を燃やすには、
酸素を摂りいれることが大事。

アスリートであれば、日々の積み重ねと技術である程度脂質を燃焼しやすい体になっているので、早いスピードでも、脂質を燃焼できるんですが、
今からランニングを始めるとなったら、ついつい走ることに必死になってしまい、酸素を取り込むことを忘れてしまいがちです。

LSDをして、ゆっくりと酸素を取り込む練習をしていきましょう。

そうすれば、必死に走ったときは無酸素になってしまいがちで、
糖質を燃焼して、エネルギーを算出していたのが
少しずつですが、脂質を燃焼しやすい呼吸法、サイクルになっていきます。

資質を燃焼するということは、脂肪が燃焼しやすくなるので、
ダイエットにもLSDは最適だといえますね。

以上。

関連リンク