7月20日の出来事

7月20日は、月面着陸の日でございます。

1969年

ウッドストックも行われた1969年。ヒッピー達がジミヘンのギーソロに酔いしれてるときに、アポロ11号が月面着陸に成功しました。

ヒッピー達が魔法の葉っぱでふわふわしてるときにアームストロング船長たちは月でふわふわ跳び跳ねていたわけでございます。

重力

そんなふわふわしているのは、月の重力が少ないからです。

確か6分の1だったっけなぁ・・・(間違ってたらあいとぃいませーん)

例えば体重60kgの人が月にいくと10kgの重さになるわけですね。

全く同じとまではいかないでしょうけど、バーベル60kgを軽々とあげれる人が、見た目は60kg だけど、重さは10kgのバーベルをあげるようなものです。

超人になったような感覚が味わえますね。うほ‼楽しそう🎵

筋力低下

良く聞く話ですが、宇宙にいくと筋力が低下し、地球についたときまともに歩けなくなるとのことです。

月は6分の1ですが、重力はあります。

しかし、宇宙空間となると基本的に無重力です。そのため、筋肉が全く機能をなさないのです。使う機会がない。

普段生活をしていると、歩くだけでも筋肉を使いますし、例えばコーヒーを飲むだけでも腕や背筋、指の筋肉や首回りの筋肉を使います。

意識しないでも重力下では、宇宙空間と比べれば常に高負荷のトレーニングをしてるわけです。

宇宙空間にいくと、単純にそれができなくなります。

人間という生き物は本当にすごいもので、使わない筋肉は要らないと判断して筋力を落としていきます。

もちろんそれがわかっているので、トレーニングマシンも設備としてあり、宇宙飛行士はトレーニングを日課としているのですが、やはり、重力のない状況下で筋トレをするのは難しいのでしょう。

そうしてしばらくたって地球に帰ってきた宇宙飛行士は地球の重力にビックリしてまともに立つこともできません。

もしも他の星の生まれだったら重力が少なくてまともに筋トレも出来ないかもしれません。

だから、重力に感謝して生きていこうと思います。

「日々感謝のスクワット!重力に感謝!」
以上。

関連リンク