ルーブル美術館内を20分探索

どうもぉおおお☆

ルーブル美術館に行ったことはございますか??

投稿日の今日、4月8日はミロのビーナスの日だとか。。。

エーゲ海のメロス島で農夫がミロのビーナスを発見した日だそうです。

当時はだれにも見つからないように隠していたそうです。
この農夫の目利きパないですよね?

でも見つかってしまい、没収されたそうです。かわいそうに。
で、転々として最終的にはルイ18世にわたったそうで。

そのルイさんがルーブルに寄付したといわれています。

両腕がかけていてないので、実際にはどんなポーズをとっていたのかが定かではありません。

一番濃い説が、左手にリンゴを持っていたという説だそうです。
中には

両腕がないからこそいいんだ!!

という人も居るそうで、その理由が

両腕がないからこそ想像をかきたさせると。。。確かに。

この動画はそんなルーブル美術館を体験できる動画でございます。

人生で一度は行ってみたい場所のひとつでございます。

さすが世界のルーブル!

大きいですね。

ちなみにビーナスさんは16分あたりから見れます。

改めて思いますが、やっぱり芸術っていいですよね。

なんでこんなに癒されるんだろう。

作品の一つ一つのディティールがその作者の拘りをのぞかせます。

ふつうならここまでしないだろう――

ということまできっちり、
苦労を惜しまず作っています。

そんな作者の想いが

直に私たちの心に響いてるのかもしれませんね♪

いつか行ってみては?

以上。

関連リンク