オーメン、悪の子が産み落とされる。

4月24日はリチャード・ドナー監督の誕生日でございます☀

彼の代表作をいくつかあげると……

  • オーメン(The Omen:1976)
  • スーパーマン(Superman:1978)
  • グーニーズ(The Goonies:1985)
  • リーサル・ウェポン(Lethal Weapon:1987)

時代を代表する名作ぞろいですね。
他にも名作ぞろいの作品ですよ!

あとほかの作品で見てないものが結構あったのですが
他作品も面白そうなので、見てみるのもいいかもですね?

この中からOMENを紹介いたします。

OMEN(オーメン)とは?


1976年に公開された映画です。
オーメン4まで続き、当時はかなりの人気を獲得したし、
2006年にもリメイクされている。

あらすじ

アメリカ外交官のロバートは、妻と子供が死産でなくなり、
その代わりとしてローマの産院にて、同時刻に誕生した孤児の子供を引き取り養子とする。

その子供の名は「ダミアン」と名付けれらた。
その子には「666」と書かれたような、痣が頭にはあった。

「666」は新約聖書:ヨハネの黙示録内で獣の数字、
つまり悪魔を意味する数字とされています。
(ちなみにイギリスのヘビメタバンド、アイアンメイデンの「The Number of the beast」という曲はこの獣の数字のことを言っています。)

それ以降、ロバートの生活は順調にいいものとなり、
「駐英大使」に任命されるほどに・・・・・・

しかしそんな頃、彼の周りでは不可解な事件が続きます。
乳母が何の前触れもなく奇妙な首吊り自殺をする。
それからさまざまな事件が後を絶たなくなり、
ロバートも戸惑い、ダミアンの周りで事件が多いということから、
疑惑をもって、調査に乗りだす。

そして彼は事件を調査していくうちに、だんだんとその事件の犯人の正体がわかってきます。
ロバートはその事実に打ちひしがれます。

まさか、ダミアンの正体は――!?

久しぶりに見てみたいですね。うろ覚えですわぁあああ💦

2006年にリメイクされているので、一度御覧になられてはいかがでしょうか?

以上。

関連リンク